疾病予防

被保険者とそのご家族のために、各種健診の補助や電話健康相談を行っています。

健診は全国健康保険協会のものよりも充実しており、負担も少なくなっています。

各項目の詳細は健保組合にお問い合わせ下さい。

疾病予防詳細

生活習慣病健診

対象者 35歳以上の被保険者
自己負担額 巡回健診における一般定期健診を除き全額組合負担

補助金申請の場合、実施された検査項目により補助金額の上限が変わります。

消化器健診

対象者 35歳以上の被保険者
自己負担額 巡回健診における一般定期健診を除き全額組合負担

補助金申請の場合、実施された検査項目により補助金額の上限が変わります。

集団検診

対象者 35歳以上の被保険者および被扶養者
自己負担額 健保連共催

人間ドック・脳ドック

対象者 40歳以上の被保険者および被扶養配偶者
補助額 費用の5割相当額(限度額25,000円)

契約医療機関を利用する際は、本人が医療機関と仮予約をしたあと、健保組合に申し込んでください。

契約医療機関以外の医療機関で受診した場合も、補助の対象となります。

費用補助は年度内に人間ドック・脳ドックのいずれかを1回限りとします。
また、同一年度内に健康診断と人間ドック(複合ドック)の重複はできないので、人間ドック(複合ドック)の利用料金を後日返還していただきます。

受診機関 人間ドック・脳ドック等契約医療機関一覧

レディース健診

女性の全被保険者を対象に、健診や人間ドック等のオプションで乳がん・子宮がん(単独もしくは両方)の検査を行った場合、年度内1回限り10,000円(10,000円未満の場合実費まで)を限度として利用補助

対象者 女性の全被保険者
補助額 年度内1回限り10,000円(10,000円未満の場合実費まで)

保健師による相談・指導

健診後の事後指導を重視し、保健師が事業所を巡回し、保健指導や健康相談を行っています。

紙上ウォーキング大会

ウォーキングはもっとも手軽にできる生活習慣病予防です。当組合では、被保険者と被扶養配偶者を対象に、紙上ウォーキング大会を実施しています(5~6月・10~11月)年2回。